【整備】ステムの正しい締め込み方

投稿者 on 10月 25, 2009

みなさん、こんにちは!
今回はステムの締め込み方についてご紹介いたします。
まずはこれをご覧下さい。
入荷したばかりの自転車のステムです。
上下で間隔が異なるのが分かります。
このように適切に締められていない場合が多いです。
このように締められたものは、大きく負荷がかかったときにハンドルがずれる場合があり大変危険です。
では、正しい締め方です。
簡単です。
一度、全てのねじを軽く緩めます。
そして図のように2つのねじを斜めに締めます。
残りの2つのねじも締めましょう。
このとき思い切り締めるのではなく、軽く固定される程度に締めましょう。
そして、上下左右4箇所の隙間が均等になるように少しずつ締め込みます。
完成です。
最後にハンドルを握り、動かしてみてきちんと固定されていることを確認しましょう!
皆さんも自分の自転車のステムが正しく締められているか、今一度チェックしてみてください!

みなさん、こんにちは!

今回はステムの締め込み方についてご紹介いたします。

まずはこれをご覧下さい。

2

入荷したばかりの自転車のステムです。

上下で間隔が異なるのが分かります。

このように適切に締められていない場合が意外と多いです。

このように締められたものは、大きく負荷がかかったときにハンドルがずれる場合があり大変危険です。

では、正しい締め方です。

一度、全てのねじを軽く緩めます。

そして図のように2つのねじを斜めに締めます。

1

残りの2つのねじも締めましょう。

このとき思い切り締めるのではなく、軽く固定される程度に締めましょう。

そして、上下左右4箇所の隙間が均等になるように少しずつ締め込みます。

こうすると簡単に同じ間隔で固定することができます。

4

最後にハンドルを握り、動かしてみてきちんと固定されていることを確認しましょう!

ステムには1箇所、2箇所、4箇所のネジで固定されているものがあります。

今回は4箇所のものでご説明しましたが2箇所のものも同じように上下で均等に締められていればOKです。

皆さんも自分の自転車のステムが正しく締められているか、今一度チェックしてみてください!

トラックバック

トラックバックを閉じる

コメント

コメントを閉じる