イタリアの町並み紹介と自転車事情 Vol.04

投稿者 on 11月 06, 2009

■イタリアの町並み紹介と自転車事情 Vol.04

サイクルハンターイタリア買取チームから、新鮮なイタリア事情をお届けします。

第67回 EICMA Milan bike showが9月18日から21日の4日間の開催日数を無事に終える事ができ、出展業者の方々を意見を以下にまとめ、また今回は写真中心のフォトレポートとしてお送りいたします。

kanban

まず、全般的な感想としては、ポジティブな意見が多く「今回の展示会には沢山のビジターが来場され
具体的なビジネスの話に進展した」という事です。
又、展示会初日にイタリア環境大臣であるStefania Prestigiacomo女史が来場され、自転車業界に対する新しい経済的インセンティブの導入の声明があり、全ての出展業者はその重要性を再確認しました。

AREO1

De Rosaの営業責任者であるCristiano De Rosaは「全てが順調に終える事ができたよ。金曜日、土曜日は当初の予想を上回る位、一般の方で我々のブースは溢れかえっていたしね。

DE ROSA
又ビジネスとしてもイタリア国内の新規のお客さんと重要な取引が始まったり、イタリア以外の国のお客さんからもすごく興味深いオファーがあったよ。我々は既にニュージーランドにもDe Rosaの自転車を販売しているからね。又今回声明のあった新しい経済的インセンティブもきっと良い結果が出るだろうし、何よりもイタリア政府が
この自転車業界を前向きにサポートしてくれると言うのは、本当にグッドニュースだ」

Olmo社のCEO(最高経営責任者)のPaolo Olmoからもポジティブな意見が出てきました。
「やはり、9月にこの展示会を開催するのがイタリア国内市場にとってはグッドタイミングだし、我々にとって自転車の展示会を開催する場所はミラノ以外に考えられないね」

COLNAGO FOR FERRARI1

Cicli AtalaのCEOであるMassimo Panzeriも次の様に語っています。
「今回の展示会には本当に満足している。又新しい経済的なインセンティブが、この世界的な不況においてどれくらい売り上げを伸ばし業界の景気を押し上げてくれるかにも注目している。」

riding

Look Italyの責任者であるAldo Miccoも今回の来場者の多さに大変満足しており、Rivolta GroupのマーケッティングマネージャーであるRiccardo Magriniも
「今回の展示会では重要なビジネスの話をいろんなお客とする事ができ、とても幸せだ。ミラノでの展示会がいつも成功するのは、ミラノのその地理的位置の要因も多いと思うけど、我々出展業者や来場者に対してもミラノという街はいつもすばらしいサポートと理想的なサービスを提供してくれるからだ。やはりミラノはすばらしい街だ。」

CAMPAGNOLO3

続きます。

トラックバック

トラックバックを閉じる

コメント

コメントを閉じる

  1. [...] ミラノの自転車 Show EICMA” の様子を先日お伝えいたしましたが、今回は同イベントのフォトレポートをお送りいたします。 [...]