イタリアの町並み紹介と自転車事情 番外編 Giro d’Italia 第5ステージにて日本人初の3位入賞!

投稿者 on 5月 15, 2010

みなさん、こんにちは。

サイクルハンター イタリア駐在員の森です。

前回のレポートでもお知らせしたように今月5月8日から30日までイタリアではGiro d’Italiaが開催されており、自転車競技が盛んなイタリアでは毎日テレビ(それもRAIという国営放送)で生中継が放映されています。

今日自宅でその放送をそれとはなしに見ていると何やら「日本人がどうのこうの」という実況の声が頻繁に聞こえてくるではないですか。

先週の土曜日にオランダのアムステルダムからスタートして、時間があるときにはテレビで実況放送を見るように心がけてきましたが、日本人がどうのとか言うのを初めて聞いたので、注意深く画面を見ていると何と!日本人選手が先頭集団に混じってひた走っているではないですか。

名前は、ARASHIRO YUKIYA(新城 幸也)さん、フランスのプロチームBbox Bougues Telecomのメンバーとの事でした。

恥ずかしながら、あまり日本人選手の情報を把握していないもので、全く知りませんでしたが、昨年はツールド・フランスにも参加されたとか。

これまでのレースを見ていると先頭集団というのはどうも帳尻を合わす様にゴール手前1キロくらいで、第2集団に追いつかれて最終直線のスプリントでものの見事に追い抜かれてしまいあの人達はどこに行ったの?というイメージが抜けないので、今回も見ていて少々不安な気持ちで一杯でした。

ところが、今回は最後の最後まで先頭集団(と言っても3名ですが)が後続集団を寄せ付けずに逃げ切りました。

ARASHIRO選手はゴール手前150mまでトップでしたが、最後の最後で残り2名のフランス人Pineau Jerome, Fouchard Julienに抜き去られて惜しくも3位となってしまいました。因みにトップはPineau選手で今回の区間賞、Maglia Rossaをゲットしました。

テレビの実況でも「もしArashiro(ものすごく言い難そうでした)がトップになればGiro d’Italia始まって以来初めての日本人が区間賞をとる事になる」と意気盛んに伝えていました。知らなかった事とは言えそこは私も日本人、さすがに最後のデッドヒートでは一人「行け~!」とテレビの前で叫んでいました。

結果惜しくも3位となってしまいましたが、Arashiroの名前はイタリア人の心に刻み込まれた事と思います。私の様に。

これもテレビで言ってましたが、今でも日本人の自転車競技選手イコール中野選手というイメージが強いようです。

1901年に第1回大会が始まり、その後戦争で中断したりしましたが今回は93回目の大会で、イタリアの名選手Fausto Coppi没後50年というメモリアル大会で且つこの第5ステージはCoppiの生まれ育った町を通り、得意のコースとしていたとても意義のあるステージとの事です。

ミラノから西へ約40キロ離れたNOVARA(ノバラ)をスタートしそのまま南下、ゴールはGENOVAの手前NOVI LIGURE(ノーヴィ・リーグレ)で、総長162km、延べ標高910mの比較的スプリンター向きのコースです。

その記念すべきステージで惜しくも1位にはなれませんでしたが、どうどうの3位入賞のArashiro選手に感激して今回のレポートにさせて頂いた次第です。今回は写真が全くなくて申し訳ありませんが、ご了承下さい。

その代わりに以下のサイトにて最後のデッドヒートがご覧にられますので、是非ご覧下さい。(もし日本でもテレビ中継されていたら、すみません)

http://www.raisport.rai.it/dl/RaiTV/programmi/media/ContentItem-5c839cb5-1567-454e-8cba-7a05c6396372-raisport.html

今回の3位入賞でArashiro選手は、Maglia Rossa(マーリア・ロッサ区間賞)ポイントで総合14位、Maglia Verde(マーリア・ヴェルデ山岳賞)ポイントで、総合4位と順位を上げられました。因みにMaglia Rosa(マーリア・ローザ総合タイム)では112位です。(参加選手197名)

これからのArashiro選手の頑張りに期待したいと思います。

第5ステージ終了時点での総合順位は以下の通りです。

1位: Vincenzo Nibali

2位: Ivan Basso

3位: Valerio Agnoli

3名ともチームLiquigas DoimoのメンバーでIvan Bassoは前回のレポートMarino Vigna氏が総合優勝予想(希望)をしていた選手です。

最後に、ネットでもGiro d’Italiaの詳細を見れるサイトがありますので、ご興味のある方はご覧下さい。(一応英語表示になってます)

(私は来週から日本に行き最後までレースを見れないので、結果をお知らせする事ができません、悪しからず)

http://www.steephill.tv/giro-d-italia/#spoiler

トラックバック

トラックバックを閉じる

コメント

コメントを閉じる

  1. [...] それはそうと私の日本滞在中に終わってしまったGiro d’Italiaですが、前回取材したMarino Vigna氏の予想(希望)通りイタリア人のIvan [...]