イタリアの町並み紹介と自転車事情 Vol.14

投稿者 on 6月 11, 2010

■OLMO la Biciclissima 新店舗■

OLMO la Biciclissima

皆さん、こんにちは。

サイクルハンター イタリア駐在員の森です。

約2週間の日本での滞在を終え、無事にミラノに戻ってきました。
やっぱり、日本は酒も食べ物も美味しいのでついつい食べすぎ、飲みすぎになってしまいました、毎度の事ながら。
それはそうと私の日本滞在中に終わってしまったGiro d’Italiaですが、前回取材したMarino Vigna氏の予想(希望)通りイタリア人のIvan Bassoが総合優勝しましたね。よかった、よかった。
今回は以前ご紹介したOLMOのミラノ直営店の新店舗を取材してきましたので、皆さんにご紹介します。

店舗側面

本当は5月にオープン予定でしたが、イタリアらしく内装工事が大幅に遅れてオープンは6月3日になったそうです。
ミラノの空港からバスに乗って帰ってくる途中に、やたら新店舗の看板が道路沿いに立っていたのには驚かされました。
(バスが満席だったもんで、その看板の写真は撮れてません、悪しからず)
新しい店舗はミラノの中心DUOMO(ドゥォモ)から歩いて約15分の便利な場所にあり、以前この場所にはGRANCICLISMO(グラン・チクリズモ)という有名な自転車屋さんがあったそうです。
そういえば、Marino Vignaさんも引退後GRANCICLISMOで一時期働いていたらしく、その時はCINELLIの自転車を買いに沢山の日本人が訪れていたとおっしゃっていました。余談ですが。
お店は自転車屋さんとは思えないほどエレガントな内装で、床がこげ茶のフローリング、壁もモダンな白と古いレンガの組み合わせ、その上地味にならないようにパーテーションは朱赤でポイントを利かせると言う何ともイタリアらしい内装に私も嬉しくなりました。

店内

壁面に飾られたGIUSEPPE OLMO氏のパネル

店内入口に展示された自転車

店内入口壁面の本社工場写真

以前のお店はとりあえず、あちこちに所狭しと自転車が展示されて所謂「これぞ自転車屋さん!」という感じのお店でしたが、今回の新店舗は自転車を展示する場所以外にもゆったりとしたスペースがあり、何と!入口正面にはソファーも設置されてどちらかと言うと高感度な洋服を扱うショップの様に感じました。

店内入口正面ソファー

売り場は1階と地下の2フロアになっており、1階にはロードとMTB、それに付随するパーツ及びウェアを展示、前回見たHELLO KITTYちゃんの子供用自転車やCITY用自転車、あとフィットネスマシンは地下に展示されています。

店内地下売り場

MTB

タイヤディスプレイ

修理用の作業場も地下に併設されていました。

店内地下作業場

店内地下作業場

1階にはDUCATIの電動自転車も展示されてました。

DUCATI電動自転車

今回日本滞在中、サイクルハンター本店に戻りました際に、他のスタッフから「イタリアではどんなウェアが人気なんですか?」と尋ねられたので、店長のADELIO氏に聞いてみる事にしたんですが、場所柄、ウィンドウも目立つ事もあってお客さんが入れ替わり立ち代り入ってきて全然店長を捕まえられない状態でした。
待つ事約30分、やっとADELIO氏を捕まえて尋ねたところ、今一番人気はZEROというブランドでそれ以外にもGOREやCAMPAGNOLOも人気があるとの事でした。

ウェア売り場

ZERO ウェア

GORE ウェア

CAMPAGNOLO ウェア

但し、これはあくまでもOLMOのショップでの人気度で、これイコールイタリアの人気ブランドとは限りませんので、お間違いなく。
最後にお客さんもひと段落したので、ADELIO氏の新店舗での写真を一枚撮らせて下さいとお願いしたところ、「前回撮ったから、もうええんとちゃうの?」(あくまでもイタリア語ですが)と渋られましたが、そこはガッツで撮らせて頂きました。

店長ADELIO氏

それに気を良くしたのか、お土産として今回はOLMOのオリジナルTシャツを頂きました。

OLMOオリジナルTシャツ

(本当は写真撮ってもらって、嬉しかったのかも?)
前回訪問の際は、創設者GIUSEPPE OLMO氏の本を頂き、今回はTシャツを頂き、感無量です。
では、最後に一部ではありますが、店内にあった自転車の写真をご覧ください。

KRONOS RECORD 10V

ZR1 XTR 27V

VINTAGE1

VINTAGE2

もし、ミラノにご旅行される方がいらしたら、是非ともOLMOの新店舗に足を運んでみて下さい。
——————————————————————————————————-
今回はここまで。
また次回レポートをお楽しみに!
——————————————————————————————————-
【お店情報】
OLMO la Biciclissima
Piazza della Vetra, 21  20123 Milano
(Duomoからは、Missori方面に歩いてCorso Italiaを南下、Via Molino delle Armiとの交差点を右折そのまま直進して約5分で右側にお店が見えてきます)


大きな地図で見る

TEL. 02-33400992
サイト www.olmo.it
メール milano@olmo.it
営業時間:火~土 10:00 – 14:00, 15:00 – 19:00
定休日:日、月

トラックバック

トラックバックを閉じる

コメント

コメントを閉じる

  1. [...] 因みに前回取材したOLMOの創業者GIUSEPPE OLMOも当時Bianchiの自転車に乗っていました。 Bianchiはロード用自転車以外にもMTBも手がけており、ロード同様多くの大会優勝者を輩出していますが、 中でも有名なのは2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピッククロスカントリーで金メダルを獲得、2004年から世界選手権4連覇を果たした、フランス人のJULIEN ABSALON(ジュリアン・アプサロン)でしょう。 以下工場内をVigna氏に案内してもらった現在のBianchi社の状況です。 注)数字に関してはあくまでもVigna氏の想像で、正確とは限りませんので、悪しからず。(と言えとVigna氏に指示されました) Bianchiのイタリア工場では現在REPARTO CORSE(レース部門)のみが存続してロード用、MTB共にレース仕様の完成車の組み立てと、 フレームに関してはアルミ、スティール、チタンを生産しているとの事です。 カーボンフレームは台湾で生産、その他のパーツも海外、主にフランスで生産されてからこの工場に送られて組み立て作業が行われています。 自転車組み立てライン フレームの生産本数は、年間約1000本で比率はアルミ70%、スティール15%、チタン15%となっています。 フレームの生産現場を拝見しましたが、アルミが中心だけあって、現在でもTIG溶接室が数箇所ありました。 TIG溶接室 溶接室2 (アルミに関しては、今でもデダッチャイのアルミを使用されているとの事でした) 工場内は主にフレーム生産するラインと完成車を組み立て作業するラインに分かれていますが、 場所の大きさの割には作業されている職人さんの数は少なく感じました。 [...]