イタリアの町並み紹介と自転車事情 Vol.15(後編)

投稿者 on 7月 01, 2010

■Bianchi工場視察レポート(続き)■

組み立て作業に関しては所謂ライン生産のパーツ・パーツを流れ作業で組み立てるものではなく、1人が1台を最初から最後まで完成させる仕組みになっており、
さすがレース用に特化しているだけの事はあります。これぞ手作りのお手本だと感心しました。
1台分のパーツがパッケージになって各職人さんの手元に届きそれを熟練した手つきで皆さん黙々と組み立てられていました。
中に一人陽気に鼻歌を歌って組み立てていた方も居られましたが・・・(これもイタリアです)
1日の完成車の生産台数は、約50台との事でした。(あくまでもVigna氏の予想ですのでお忘れなく)
それと余談ですが、工場がでかすぎるのか、個人宛の郵便や書類の配達は自転車にて行われてました。

自転車で書類配達

工場内で6月初旬にジャーナリスト向けに発表された2011年最新モデルも展示されていました。一般公開は8月末以降との事ですので、お宝画像です。
(モデル「sempre」は完成車で、「oltre」はフレームのみの撮影になりました)

2011年新モデルOLTREフレーム

2011年新モデルSEMPRE

SEMPREライトブルー

さすが多くのプロ選手に提供しているだけあってオーダーメイド企画室には多くの採寸用器具とそのデータを管理するコンピューターが置かれ、
又そのコンピューターはオーダーメイド用フレーム生産現場のコンピューターと連動されており、データに対して寸分の違いも無くフレームを生産するシステムとなってました。

オーダーメイドフレーム生産現場

この工場で生産される自転車はREPARTO CORSE(レパルト・コルセ)だけあり、その全てが手作業で行われている事に改めて感心させられました。

オーダーメイド自転車企画室

企画室内

企画室でのMARINO VIGNA氏とGIACOMO MAURI氏

中にどう見てもママチャリにしか見えない黒い自転車とそのパーツが置かれているので、Vigna氏に聞いたところ、それはフレームやブレーキシステムはMTBのノウハウを使ったCITY用自転車でレース用以外の自転車で、唯一この工場で全て生産されている自転車との事。
値段が高すぎて売れないので、現在はイタリアのみでの販売となっているそうです。

イタリア製CITY BIKE

工場に併設されたアウトレットショップで確認したところ、定価850ユーロでアウトレットプライスで720ユーロで売られてました。(高い!)

工場併設アウトレットショップ

最後に、歴代のプロ選手が乗ったBianchiの自転車や貴重なパーツを集めている資料館(工場内にある1室で許可者以外立ち入る事ができません)に案内されて
写真を撮らせて頂きました。

資料館

FAUSTO COPPI 1953年ワールドチャンピオン獲得時の使用自転車

JULIEN ABSALON 2004アテネオリンピック金メダル獲得時使用自転車

JULIEN ABSALON

Vigna氏曰く「本当はちゃんとした資料館(博物館?)にして展示したいのだけど、今はそれをする金銭的な余裕がないみたいです」との事でした。
多分、一般公開されたら世界中の自転車ファンが集まってくる事と思います。これを惜しみなく見学させてくれたVigna氏に感謝!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会社情報
F.I.V. E.. BIANCHI S.p.A.
Via delle Battaglie,5 24047 Treviglio (BG) Italy
Tel. +39-0363-3161
Fax +39-0363-303680
サイト www.bianchi.com

工場併設アウトレットショップ情報
Bianchi Outlet Aziendale
TEL. +39-0363-303670
メール negozio@bianchi.com
営業時間
火~金 10:00 – 19:00(お昼休み無し)
土 09:00 – 19:00(お昼休み無し)
日、月は定休日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トラックバック

トラックバックを閉じる

コメント

コメントを閉じる