キャリパーブレーキの調節の方法

投稿者 on 10月 26, 2008

こんにちは(^^)/
前回に続き、今回もブレーキの調節についてご説明したいと思います。
これです!キャリパーブレーキ!ロードバイクによく付いているものです。
このブレーキも前回同様誰でも簡単に出来るので一度お試しください^^

① 反時計回りに回して緩めます。これでワイヤーが固定されていない状態になります。

② この部分を時計回りに回します


③ キャリパーを手で目一杯押さえます。そして、六角ねじを時計回りに回して締めるのですが・・・
ここで微妙に隙間を開けるところがポイントです!ほんの少し力を抜くくらいで構いません。

④ 完成!リムとブレーキパッドの間が1mm程度で丁度良い利き具合になっているんではないでしょうか^^

⑤ ちなみにこの部分を反時計回りに回すとワイヤーを張ることが出来ます!
ある程度はここで調節できますが、写真の赤矢印の位置がこれくらい出るまで張ると
①~④のような方法で調節する必要があります。

⑥ これは余談ですが・・・写真のこの部分!これを上げるとキャリパーが広がり、ホイールを脱着がしやすくなります。

ということで、今回はこれで終わりです!
このパーツの調整方法が分からない!この部分の仕組みを知りたい!などございましたら、ご遠慮なくコメント下さい!
ご説明できる事はお答えしたいと思います!

では、また次回(^^)/

トラックバック

トラックバックを閉じる

コメント

コメントを閉じる