イタリアの町並み紹介と自転車事情 Vol.21

投稿者 on 6月 05, 2011

皆さんこんにちは。

サイクルハンター イタリア駐在員の森です。

前回のレポートでジーロ ディタリアのご紹介をさせて頂き、今回の最終ステージが3年ぶりにミラノとなり、個人タイムトライアルが行われるので、是非ともゴール地点でレポートをお届けしたいと言ってましたが、何と!最終ステージの行われる5月29日(日)に急遽別の仕事でロンドンとスコットランドのエジンバラに行く羽目になり、全くレポートが出来ない状態となってしまいました。トッホッホッ

しかもゴール地点はミラノの象徴ドゥオモと聞き、本当に楽しみにしていたんですが・・・
ジーロ ディ イタリアでミラノがゴールとなるのは次いつになるのか分からないだけに、本当に残念で後ろ髪を引かれる思いで出張に行ってきました。

最終ステージの様子を、私はロンドンのホテルのテレビで1人見る羽目となり、何とも複雑な気持ちでした。
総合優勝は、やはり昨年ツール ド フランスを連覇したスペインのアルベルト コンタドールが2位に6分10秒の差をつけて圧勝、最終ステージでも3位という健闘ぶりでした。
2位はイタリアのミケーレ スカルポーニ、3位もイタリアで昨年も3位だったヴィンチェンツォ ニバリという結果でした。
因みに日本人唯一出場の別府 史之選手は最終ステージで36位と健闘、総合順位も67位となりました。

そんな感じで今回のジーロ ディタリアのレポートが出来なかったお詫びとして、ロンドンとエジンバラで撮った写真をご紹介させて頂きます。(全く興味がないと思われる方もいらっしゃると思いますが、ご勘弁下さい)

まずは、ロンドンのホテルにチェックインして部屋の窓からの風景です。

ロンドンのホテルの部屋からの景色

やっぱりイタリアのミラノとは違う都会の雰囲気が・・・
ホテルのすぐ近くにKENSINGTON GARDENS(ケンジントン ガーデンズ)があったのでそこを散策、そのまま公園を横切りながら、かの有名なHYDE PARK(ハイド パーク)を通過。

KENSINGTON GARDENS

HYDE PARK

HYDE PARK MAP

ハイド パークでやたら同じ自転車に乗っている観光客が居たのでどこかにレンタル自転車屋があるのかと思っていると、CYCLE HIRE(サイクル ハイアー)という名前のレンタル自転車の機械を発見。

CYCLE HIRE

ハイド パークからそのままロンドンの目抜き通りのOXFORD STREET(オックスフォード ストリート)に入ると、日曜日だと言うのに大量の人を発見、ミラノと違って日曜日も営業している事に少々驚きを覚えました。
(と言うよりも閉まっているイタリアの方がおかしいのかも)
そのまままっすぐ歩き続けると何処かで見た事のある看板が・・・

UNIQLO IN LONDON

何と!ユニクロでした。日本に帰った時には、必ずユニクロで下着や靴下とかを購入しているのでついつい中に入って今回も下着のパンツを買ってしまいました。ロンドンにもパリにもユニクロはあるのに、何でミラノに無いの?とずっと思っております。
どうかユニクロの関係者の方、このレポートを読まれていたらミラノ出店を一度ご検討下さい。
あと、街を歩いているうちに昔懐かしい公衆電話ボックスを発見、携帯が当たり前になった昨今、日本でもあまり見かけなくなったような気がします。

公衆電話ボックス

LONDON BUS

ついでと言ってはなんですが、ロンドン名物2階建てバスの写真も撮ってみました。

翌日の飛行機でスコットランドのエジンバラに入り、今回のメインの仕事を終えそのままホテルにチェックイン。

エジンバラのホテルの部屋からの景色

別角度から

ホテルの部屋からの景色を撮影、何か向うの方に先の尖がった建物が。

謎の建物

気になって翌日の朝出発前にその方面を探索、とうとう正体を突き止めました。
それは、Saint Mary’s Cathedral(聖メアリー聖堂という意味でしょうか)という教会でした。

Saint Mary's Cathedral

何とも趣のある建物にしばし見とれてました。
因みにこの教会は19世紀後半に建てられたものだそうです。
ミラノにある教会よりも歴史は浅いのに何とも言えない重厚感が漂ってました。

そのままホテルに戻ってチェックアウト、後はエジンバラ空港からロンドンを経由してミラノに戻ってきた次第です。
英国はやっぱり都会でミラノとは全然違いますが、ミラノに戻るとやっぱり私はミラノが好きかもと思う自分が居ました。

と言う事で次回はちゃんとイタリアの事(できれば自転車に関連した事)をレポートしたいと思ってます。

何かこれというご希望等があれば、又リクエスト下さい。

では、又。
トラックバック

トラックバックを閉じる

コメント

コメントを閉じる